つくば市 屋根工事(葺き替え)「スーパーガルテクトフッ素」 瓦降ろし及び下地処理①

 

 つくば市屋根工事(葺き替え)「スーパーガルテクトフッ素」

工事開始初日は裏面の一部の「モニエル瓦」を撤去して下地補強の後ルーフィング張りまでを行いました。


 まずは「モニエル瓦」の撤去です。

 今回は撤去した「モニエル瓦」を敷地内に保管したいというお客様の希望に合わせて、荷揚げ機を使って階下に降ろし軽トラの荷台に積み込み、敷地内の保管場所へ移動させるという作業を伴い予想以上に時間がかかってしまいました。

 (「モニエル瓦」を撤去した後です。)


この後、桟木を外して掃き掃除をしました。


 今回施工する「スーパーガルテクトフッ素」は下地に構造用合板12mm以上を敷設する必要があるので「針葉樹合板12mm」を張っていきます。

(屋根垂木に釘が当たるように墨出ししてから止付けます。)


 この時点で15時を回ってしまい、ルーフィング(防水シート)を貼り終える頃にはすっかり陽が落ちていました。(写真撮影が出来ませんでした)


 大工さん2名の助っ人に気が大きくなり、少し多めに「モニエル瓦」を撤去してしまい、瓦の移動や急勾配に時間を取られるという点を過少にみてしまったと、車のヘッドライトに照らされて道具や機械の片付けをしながら反省しました。

 この瓦降ろしと下地処理が終わるまでは助っ人の大工さんに頼らざるを得ないので、なるべく明るいうちに作業を終えて疲れを回復させてもらうようにしたいと思います。

このペースだと今日を含めて6日くらいはかかりそうですね。