つくば市 屋根工事 倉庫屋根下地(垂木架け)

 

 5月中の梅雨入りは統計開始以来、初めてのことになるそうです。


 不安定な空模様に朝から空を見上げてはため息をついてしまうこの頃、

今朝も8時頃は霧雨のようなお天気に一時は現場作業を諦めていましたが、

1時間ほどで雨が止み現場へ向かうことに。

 土曜日にペンキ屋さんが鉄骨の上側を塗装してくれたので、倉庫の屋根に

下地となる垂木を取り付けてしまうことにしました。

 

 


 下屋に架けた垂木のほとんどはお施主様が提供してくださったもので、

木材が不足している現在、非常に助かりました。

 取引先の材木店でも在庫が少なく、70本強の注文に「全部は厳しいかも」と

言われ、ホームセンター巡りでもして不足分は確保しなければと思っていました。幸い18本ほどを提供いただいたので、材木店からは48本の購入ですませ、残りは当社の在庫分で間に合いました。

 


  昼食後 現場に戻り倉庫本体の垂木架けも半分を終えた14時半頃、どんよりとした空が不安になり天気予報を確認したところ、「50分後に雨が降り始めます」と表示されたので、垂木架けの作業だけでも終わらせたいと3時の休憩を無しにして、↑の状態から↓の様に残りの半面を済ませました。