つくば市 屋根工事 カバー工法 太陽光発電 ⑪「太陽光復旧と荷揚げ機の撤去」

 

昨日の雨で屋根の花粉やほこりも落ち、滑りやすさが多少は軽減された今日は

電気屋さんを手伝って太陽光モジュールの復旧工事を行いました。


①最初に取付架台のベースの位置を墨出しします。


②ベースプレートをビス止めし架台を設置します。


③架台が設置出来たら太陽光モジュールの取り付けです。

今日来てくれた電気屋さん、社長含め4人での作業でした。

 この4人に加え当社からは私を含め2人なので今日は6人です。

いつもは2人での作業なので現場は賑やかでした。

 午後からは元請けの塗装屋さんが3人で既設シーリングの撤去に来ていました。

 3月18日に太陽光モジュールの取り外しを行ってから2週間半、雨や強風で半日程度の日もあったので実働は9日くらいでした。

6寸勾配と少し急な傾斜の屋根工事としては標準的な作業期間で済みました。


④電気屋さんが作業を終えてから荷揚げ機の解体撤去を行い、すべての作業が終了しました。